開業資金を制度融資で借入する場合

開業資金は民間の金融機関に申し込んで借入することももちろんできないことはないかもしれませんが、選択肢はそれだけではなく他にもあります。
例えば、制度融資と言う手段も検討しておいたほうが良いでしょう。

制度融資というのは各地方の自治体と金融機関、信用保証協会などが協力して貸付を行うという制度です。
開業する人に対して公的資金による貸し出しが行われますが、この制度融資は各自治体ごとに細かな決まりなどが違ってきますので、利用したい場合は詳細について自分の住んでいる地域の自治体に確認をしておく必要があるでしょう。

制度融資の全体的な特徴として、金利が低めであるため借りやすいということでしょう。審査には時間がかかる場合が多いのですが、その分金利の面では有利なので制度融資を選択する人も増えてきているようです。
同じく借りやすさで人気がある日本政策金融公庫とあわせて考えてみてはいかがでしょうか。

融資額や返済期間など細かな条件については自治体に確認して見なければ正確なことはわかりませんが、例として東京都の制度融資の詳細をご紹介しましょう。

創業融資、小口資金融資、産業力強化融資、再建・資金改善融資といったさまざまなタイプが用意されていますが開業資金ということであれば「事業を営んでいない個人でこれから創業しようとする人」に向けた融資である創業融資は特におすすめです。

保証人などが必要なく、2500万円まで借入れることができますので、新規開業でも十分な開業資金になるのではないでしょうか。返済期間にも決まりがありますのでその点は注意が必要です。

資金の調達は苦労する面も多いですが、こうして選択肢が広くなればより開業しやすくなりますね。

 

開業資金 大阪
開業資金0円で個人事業を始めたいのですが – 起業 – 教えて!goo
ムジャキフーズが「飲食店勤務者に対する意識調査」を実施

Comments are closed.