入浴方法で冷え性を改善しよう

冷え性の改善方法はいろいろな方法があるとされていますが、入浴方法によっても冷え性を改善する事が出来ます。
入浴スタイルは人それぞれでしょう。

軽くシャワーを浴びているだけの人もいるでしょうし、しっかりと入浴している人もいるでしょう。
どのような入浴方法が冷え性に良いとされているのか。

熱いお風呂に長時間入れば良いのではないかと思っている人もいるかもしれません。
確かにそれがもっとも効果的なようにも聞こえますからね。
ですがこれは実はそこまで効果的ではないのです。

熱いお風呂の場合、どうしてもその反動が来てしまいますので、そこまで熱くする必要はありません。
むしろそこまで熱い温度ではなくとも、長時間暖まる事の方が大切なのです。
長時間じっくりと体の芯から暖まる。

これがとても大切になってくるのです。
ですからシャワーだけで済ますのは冷え性にはあまり良いものではありません。
むしろ冷え性を悪化させてしまうとも言えます。

「そこそこ熱いかな」といった程度のお風呂で長時間暖まる。
このスタイルがとても大切になってくるのです。
じんわりと汗をかいてくるくらいになると、体の芯まで暖まっているとも言えるでしょう。

そして入浴だけではなく、その後も大切です。
せっかく暖まってもそのまま放置していては意味がありません。
暖めたらすぐにその温度を閉じ込めるべく、水分を拭き取ったらすぐに着衣しましょう。

特に重度の冷え性で悩んでいる人は靴下も履きましょう。
これだけでも末端の感覚が全く変わってきます。
着衣する事で保温効果も高まります。

寒いと感じるような衣服ではなく、暖かいと思うような衣服を着衣しましょう。
「寒ければ暖房をつければ良い」と思うかもしれませんが、暖房で部屋を暖めるのではなく、着衣によって自分自身の体温を上げる。

入浴で高めた温度をしっかりとキープする。
これによって冷え性はかなり改善される事になりますので、よくよく気をつけましょう。

 

冷え性改善ガイド~冷え性の原因や改善方法~

Comments are closed.