転職するなら東南アジア

「会社が倒産したから転職活動を開始する」「若いうちにキャリアアップの転職をしてみたい」といった人も多いことと思います。

海外で働きたいという人は非常に多く、毎年多くの人が海外に移住している状況です。

転職を考えている人は、東南アジアへの転職も検討してみてはいかがでしょうか?

なぜ東南アジアへの転職かというと、東南アジアには今、日系企業が相次いで進出しており、日本人が採用されやすい傾向にあるためです。

また日系企業へ転職すると待遇面も含めて安心材料も多いことから、メリットも多くみられます。

ベトナム

少なくとも東南アジアの現地企業で就職するよりは、ずっと待遇がいいことでしょう。

東南アジアでも今、注目を集めているのがベトナムです。

ベトナムは経済開放の後、多くの海外企業が生産拠点として進出しており、今や外国人街は当然のように存在してます。

ベトナム 転職 ご相談は、CareerLinkVietnam[@]gmail.com まで

もちろん日本人街も多くみられます。

東南アジアの転職は英語ができれば、そこまで問題はなさそうです。

ただしビザの関係で大卒以上が条件となっているため、高卒者はちょっと難しいかもしれません。

海外に住みたい人にとって、なじみが深い東南アジアの移住はプラス面も多いことと思います。

ベトナムだと日本食も豊富ですし、日本人向けスーパーも存在しています。

Comments are closed.