パーキンソン病の治療について

パーキンソン病の治療については3種類ほどの治療があります。

1つ目は薬での治療です。

薬での治療はパーキンソン病の原因である、ドーパミンを補うといったものです。

パーキンソン病はドーパミンが不足することによって発症するため、薬の服用は非常に重要です。

最近では飲み薬で楽に補充することが可能となりました。

その他、ドーパミンの働きを活性化させるために効果があるいくつかの薬を服用したり、種類を変えることによって効果があることがわかっています。

2つ目はリハビリテーションです。

リハビリでは運動が主体の治療となります。

どうしてもパーキンソン病を発症すると動くのが億劫になります。

これらを解消する上でも毎日習慣として運動を行うということを実践しているものです。

専門家がトレーニングすることにより、効果が期待できます。

3つ目ですが手術をするといったものです。

薬やリハビリは人によっては効果があまり出なかったり、効き目がないといったケースもないわけではありません。

その場合は手術を行うことによって症状緩和を示す場合があります。

あくまで第3の方法として行われるのが手術です。

当然ながら手術にはリスクもあるため、慎重な判断が必要です。

自分に適切な形で治療に臨めるといいですね。

 
bg_top
難病治療 二宮崇公式ホームページ
http://www.acumoxa.jp/

Comments are closed.