『箔一』さんの人気の定番あぶらとり紙について

お化粧をしていて仕事をしていると、気になることのひとつに、お顔の表面に浮き出てくるあぶら分がありますよね。

あぶらとり紙で押さえると、お化粧が取れてしまうことなく、綺麗な状態に戻すことができるものです。

金沢の金箔の老舗『箔一』さんでは、人気の定番あぶらとり紙があるんですね。

『箔一』さんでは、金箔打紙製法という伝統の技術を用いて、日本ではじめて、あぶらとり紙を製品化されたんですね。

その理由のひとつに、創業者の方が女性であったことがあるそうです。

女性の悩みを理解されていたことと、伝統の技術を理解されていたこと、そこから、あぶらとり紙として化粧品にできるのではないかという、アイデアを形にすることができたんですね。

『箔一』さんのあぶらとり紙は、伝統の技術による、安心の化粧品なので、定番あぶらとり紙は、とても人気があります。

たとえば、定番あぶらとり紙『紅シリース』は、やさしい肌触りのあぶらとり紙で、レギュラータイプがあり、さらに、お肌のコンディションによって使い分けることのできる、5つのタイプとして、コラーゲン、アロエ、天然クレイ、シルク、ミニ、などがあるんですね。

『紅シリーズ』のコラーゲンは、お肌のうるおいを保ってくれるもので、余分な脂分だけを吸収してくれるもので、しっとりとした使い心地です。
また、天然クレイは、天然の泥で、お肌をやさしくケアしてくれます。

定番あぶらとり紙の『紅シリーズ』には、お土産として利用できる、お得なセットもあり、5つのタイプを楽しめるセットになっているんですよ!

創業者浅野邦子ブログ

浅野邦子さんの公式ブログです、気になる方はチェックしてみて下さいね。

Comments are closed.