楽しんで集めていたキーホルダー

今は、自分の持ち物に飾りを付けるとしたら、ストラップが多いと思いますが、十数年前はキーホルダーでした。

どこか旅行へ出掛けると、そのお土産としてキーホルダーを購入した人も多いのではないでしょうか。

例えば、旅行先がお花が有名なところだと、そのお花の香水がキーホルダーになっていたり、旅行先の名物とは関係なく、自分の名前のキーホルダーがあると、嬉しくて買ったりしたものだと思います。

また、東京では芸能人のお店が流行っていた時で、訪れた記念に、その芸能人のキャラクターのキーホルダーを買ったものでした。

キーホルダーを見ると、いろいろなところへ旅行へ行った時の想い出がよみがえり、楽しんで集めていたものでした。

今は、携帯電話が普及したこともあり、携帯用のストラップが主に流行っているでしょう。

ユニフォームキーホルダー工房のHP☞http://uni-koubou.com/

もちろん、携帯にストラップを付ける人がほとんどだと思いますが、鞄や鍵など、自分のいろいろな持ち物に工夫して付けている人もいると思います。

ぬいぐるみを小さくしたようなクマのストラップなど、かわいいものが次々とたくさん出てきます。

ストラップとキーホルダーの違いは、ただ単に、付ける金具が変わっただけで、自分の持ち物に飾りを付ける楽しみ方は、今も昔も変わっていないのだなと思います。

その時代ごとに流行ったものは、あとから振り返ると、とても懐かしくさせてくれるものではないでしょうか。

キーホルダーも、今は使っていなくても、大事に閉まっている人もいると思います。

自分の想い出の品は、世間的には廃れてしまったものかもしれませんが、大事な懐かしい昔を思い出させてくれるものでしょう。

Comments are closed.