アバクロの将来性についていうと

アパレル業界ということで考えると、カジュアルファッションブランドというのは、位置づけとして非常に難しい立場にあると私は考えています。

というのは、ぱっと見では普通の衣料品量販店で販売されているような大量生産品のような外観に見えてしまうということがあるからです。

ですがやはりそこは、アバクロのものとそうした大量生産品を直に手にとって比べると、使われている素材の質は、断然アバクロで使われているものの方が高品質であるということが分かるのです。

ポロシャツでも、ふつうの大量生産品では生地が五ワットしているものがありますけれども、このブランドでは、適度な伸縮性があり、なおかつ肌にピタッと吸いつくような軟らかい生地を使っているのです。

そうした、地肌で実感しないと分からないのが、このブランドの高品質とよさであり、将来性について言うと、このブランドは、さらにワンポイント、高級感を印象付けることができれば、かなり発展できるようになるだろうと思う次第なのです。

Comments are closed.