TOEICの対策用の書籍について

書店にいくと英語の本のコーナーがあり、そこに数多くの本が並べられ販売されています。

その中にTOEICの本を見つけることができる。

TOEICの試験は英語の能力を測る試験であるが、得点結果によって受験生がどの程度の英語力が在るのかをレベル分けすることができる。

自分の周りの話になるが、大体、600点以上取れて履歴書に書くことができ、700点以上でそこそこの英語力があるという感じです。

外国語大学の出身者は大体、TOEICで700点以上のスコアを取っている方が多いです。

TOEIC専門の英語教室(学校,塾)ECS : 大阪梅田/神戸元町でTOEIC

TOEICの対策本は500点以上を目指す方、600点以上を目指す方、700点以上を目指す方と同一試験でありながら目標設定を分けて勉強できるように出版社側も工夫して販売されています。

読むことと聞くことを要求される試験のため、聞くことを勉強できるようCDが添付されています。

最近では本だけでなくゲームソフトにTOEICの試験対策のソフトも販売されています。

Comments are closed.