看護師不足の問題

テレビの特集番組で看護師の不足という問題を取り上げていました。

私が子供の頃、特に女の子の憧れの職業だったはずの看護師が不足しているというのは意外というか、残念というか、考えさせられました。

日本はこれからどんどん高齢化が進んでいくので、看護師の数は今以上に必要になってくるはずです。

なのにアンケートの結果では7割り程度の病院で看護師不足と回答しているというのですから、事態は深刻です。

”厚生労働省によると、2011年(平成23年)、全国で「約56,000人」の看護師が不足している。”という情報は事態の重大さを物語っています。

新卒や再就職の看護師が毎年12万人もいるというのに、退職する看護師はそれを上回っているので、不足の状態が続いているのです。

命にかかわる仕事でプレッシャーが強いことは言わずもがな、勤務時間やますます求められる専門性、ベッド数の増加などで激務になり、退職者が増え、カバーするために残った看護師が余計にしんどくなる。

悪循環になってしまっているんですね。

できるだけ早く改善の手が打たれることを望みます。⇒企業看護師 求人

Comments are closed.