原宿と言えば

『原宿』と聞くと、1980年代以降田舎から出て来た若者が独特のファッションを披露し合ったり、パーフォーマンスを見せたりしてニュースに載る様になった。

私にとって原宿は明治神宮、代々木公園、東に行けば新宿御苑や神宮外苑と緑の多い町の印象が強い。

2000年以降、若者が暇つぶしに特定の町に集まったりする経済的な余裕が無くなったのか、原宿はあまりニュースにならなくなった。

3、4年前にMHKホールに行ってからは、原宿界隈を見る事も無くなったが、今はどんな町になっているのか。

相変わらず緑に囲まれた落ち着いた感じなのか、それとも若者のファッションで溢れ還っているのか。

原宿に限った事ではないが、町は時代とともに変貌を遂げる。

つい数年前まで多くの買い物客で賑わっていた町がいつの間にかすっかり寂れてしまう、という例もある。

町も一つの生命体の様でもあり、夫々に正確も違い、年と共に変化もする。

近い内に最近の原宿の様子を見に行きたいものだ。

 

広告
原宿 貸しギャラリー

Comments are closed.